スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【喜や】(終わりの食べ歩き@大阪)


トンキンで出会った懐かしくも新しい不思議な体験「関西からでもトンキンに行く価値がある」
ある人はトンキンをこう語る。「はじめてなのに懐かしさを感じ
同時に新しさも感じる。不思議な体験ができる場である」と。
実際にトンキンに行ってみて、その言葉の意味がわかった。

これは確実にいかんといかんです。

って事で【喜や】

P6202891.jpg


 

今日の主役は喜や(場所はここ)

久々の訪問ときた。
場所は京橋。どうしても僕は和食が食べたいときた。

ならここです。

P6202863.jpg

達筆。とりあえずお腹がペコペコなので
考える事も無くおまかせで頼むとする。

P6202860.jpg

お通しは熊本のホワイトコーン。
こういうお通し大好きです。

P6202864.jpg

五島のかます。昆布で熟成。
もちっと加減が抜群なんだす。こりゃたまらん。



もう心がダンスダンス。

P6202885.jpg

んで。こうなる。
緑川が全種揃うのがこの店の特徴。

P6202874.jpg

「ちょっとつまんで下さい」と大将。
中落ちの漬け。2年熟成醤油とやらで漬けにしたらしい。

出します。
出します。出します。


激旨杉×∞

これ超絶に旨い。鮪特有の香りとトガリの無い醤油。これはあと5杯はいける。



P6202880.jpg

アゴ出汁に軽く、くやらせた鳥貝。甘い。

P6202891.jpg

鱧団子を吉野葛の餡で。

P6202893.jpg

鱧のホネホネしい食感もえぇ塩梅に残り見事に自然の旨味の塊。

P6202896.jpg

初めて食べた宮城の金華鯖の〆。
〆鯖ってのは本当に好みもあり、尚且つ腕の見せ所の様なイメージ。
和食屋で食べるのは浅めが好み。ドンピシャ。

P6202898.jpg

ヒラメはほぼ縁側部分。こりっとした中に見事な脂。

P6202902.jpg

季節ですねぇ。鯖江のイサキで〆。
これびっくりしたのが米が見事に旨い・・・。



久々ですがやっぱり見事。
これがまた大将のおかげで気楽に居心地が良いんだす。

この内容で1人5000~7000円ってとこですか。
わざわざ行く価値のある名店かと存じます。

ご馳走様でした。

人気ブログランキングへ ←お粗末様でした。読み終えた方は是非是非壱回クリックお願いします。


にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村←大阪限定の食べ歩きランキングもあるようです。


【終わりが始まりの壱日】 ~とある媒体屋の大阪食べ歩きブログ~



終わりが始まり02
関連記事
テーマ : こんな店に行ってきました    ジャンル : グルメ

Comments


« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
ジャンルで探す(作成中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
766位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
275位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。